Menu

AGAの仕組み


毛髪(女性)7

男性は体内で男性ホルモンが分泌されており、これは血液とともに体内を巡っていきます。その中で男性ホルモンが頭皮に行き着いた際、酵素に結びつくと毛母細胞を萎縮させる男性ホルモンへと変化をしてしまいます。

この細胞が毛乳頭でアンドロゲンレセプターという物質と結合すると脱毛因子が増えていきます。脱毛因子は毛乳頭や毛母細胞に対して髪の毛が抜けるように指示を出していきます。この手順が繰り返されることによって髪の毛が抜けやすい状態に入っていきます。

健康的な髪の毛は、髪にハリやコシがありまっすぐストレートな太い毛に育ちます。しかし、栄養不足になってしまったり十分に成長ができなかったりすると髪の毛が細くなったり抜けやすくなったり傷みやすくなり抜けやすい状態に陥っていきます。

適切な処置を行っていけばこの悪いサイクルを止めることができるようになりますし、薄毛や抜け毛の進行を遅らせることもできます。最近では、男性だけでなく女性でも更年期障害や仕事や育児のストレスが原因で男性ホルモンが優勢となりAGAを起こす人が増えています。

女性の場合には男性のような生え際の薄毛ではなく頭頂部や頭全体が薄くなるのが特徴です。女性も男性同様に適切な処置を行うことで症状が改善します。

AGAの原因